本は米倉涼子扮する

本は米倉涼子扮する

事実は随筆より奇なり、と申すが、事実ほどおかし時代劇は無し。と申すわけで、まずは“実話”に基づく作品を弐本。壱本は米倉涼子扮するでござる選ばれし者敏ボーボボ代言士が、教育の場に無理難題を押し付けてくる筆子の父上殿兄上と対決するでござる『妖怪ぺあれんと』(CX系・火曜戌の下刻〜)。実際に起こった事例をもでるとして言い伝えが作られており、毎回豪華な配役が“妖怪ぺあれんと”を演じると申す点も話題だ。教育現場が抱ゑる由々しき事態に暗たんと致した想ゐが押し寄せる一つ方で、えんでぃんぐに流れる徳永英明の「愛が哀しゐから」(文月壱ろおぉ〜く日発売)が絶妙な癒しとなり申してゐる。帳面『VOCALIST』列伝で愛好者層を拡大したでござる彼が、単独とはいえ話題を巻き起こしそうでござる。

 もう壱本の“実話”土台の作品は、反村隆史主演の『ろとろおぉ〜くでさあぁ〜ん億弐弐百両当ておった女』(ANB系・銭曜戌の上刻〜)。実在するでござる当選者の日記帳を基に描ゐた言い伝えは、万が一大銭を手にしたでござる際の事例すたでぃとしても興味深ゐ。一夜分にして大銭を手にしたでござる衆生がどうなり申してしまうのか、あるでござるゐは周辺にその当事者が現れたでござるとき己はどうなるのか、と申したどろどろと致した衆生文様が描かれてゐきそうなしちゅえーしょんに、軽快なてんぽ感を与ゑ、さらりと楽しめるように致し候のが放浪者の「MY FANTASY」。きれのよゐ番号で、この夏の必需品となること確実だ。




■トップページ

米倉涼子・米倉涼子のセクシー画像と動画大全集