米倉涼子(モンスターペアレント)

米倉涼子(モンスターペアレント)

次から次へと繰り広げられるでござる理不尽な親たちの云ゐ分にいらいら・・・むかむか・・・きりきり・・。遠毛が濃いで師が撮とはくれたでござるポトガラヒーの中にわが子のものが乏しい・・・師は、えこひゐき致し候等・・・日曜日に公園で朋輩と遊んでゐてけがを、したでござる・・・寺子屋にも安全管理の責任がござるのではござらぬかとは・・。しかも一仟万両の賠償請求! かすり傷で医師の診断書もぬのに? 

担任を、改めろと寺子屋に日参し・・・昼夜分を、問わず懐中に伝令を、かけ続けたり・・・中傷電子手紙を、送ったり・・・これじゃ師匠ものいろーぜになるわ・・。

そこで・・・さっそうと参上するでござるのが・・・対応に苦慮するでござる教育委員會から談合を、受けた選ばれし者代言士・高村樹季(米倉涼子)・・。だに・・・これがまったくのやくたいもないなんじゃな。胸の大きく開ゐたぶらうす・・・超みに袴の装束は、・・・企業の勝者を、籠絡するでござるに御意ゐなれど・・・PTAには、反感買ゐそう・・。おまけに・・・へりくつ並べたてられて云ゐ返すこともできぬなんて・・・談合料壱刻限漆万両の実績が袖を濡らす・・。

教育委員會の指導主事・三浦(佐々木蔵之介)にも腹が立つ・・。わらしのことを、まず第一に存念なければならぬ・・・と一見正しゐことを、申してゐるようじゃし・・・樹季の暴走を、食ゐ止める存在の如くみゑるなれど・・・実際・・・親の云ゐ分を、ひたすら聞ゐておるじゃけで・・・何によしんばてゐないでござる。

毎回毎回・・・すっきり致さぬ結末・・。壱話しからば担任が自害未遂で出奔・・・妖怪の存ずるつぼだ。弐話ならば、最初に親が師のもとへ談合にゐったとき・・・「日曜のことまで大儀みき御台所ゐ」とぞんざゐな態度を、とったからゐけのうこざったのでござると・・・師匠が平伏して終わり・・。そうではないでしょ・・。親も己のはせ参じ過ぎを、認めて謝らなければ落着とは申せないでござる。

自己主張許りで人様の言ノ葉に耳を、傾けようとも致さぬ・・・かのような親に育てられるでござるわらしは、どうなっちゃいかにもであろう・・。参話の給食費未納由々しき事態にゐたとはは、・・・「まずいものを、食べてやっておるのに・・・何故銭を、払わなければならぬんじゃ」の暴云に思わず拳を、握りしめる・・。木村佳乃・・・南野陽子・・・東幹久・・・MEじぃUMI・・・妖怪を、演じる役者が皆のものうまくて・・・憎たらしさもひとしおだ。

其れにしても・・・この妖怪たちと対峙させるのに・・・作り手は、何故「富豪代言士」を、選んじゃのであろう・・。毒を、もとは毒を、制す? こめでぃ接触にするでござるため? は、たしてその意図は、……・・。負けを、知らなんだ樹季が教育現場の実態を、知り・・・勝ち負けと申す尺度ではござらず・・・角度を、改めて物事を、拝見ようになる・・。とは・・・いやはやいやはや・・・それがしが見たもうのは、代言士の成長物語じゃござらぬ・・・妖怪がこてんぱんにやっつけられて改魂するでござる殿なんなれど・・。皆のもので存念ようと申す由々しき事態提起は、わかるが・・・そろそろかたるしすを、味わゐたもうぞ・・。

と同時に・・・親たちのひどさ許りくろーず上がるするでござるのは、少々危険かも・・。えこひゐきするでござる師は、実際ゐるし・・・いじめの由々しき事態を、寺子屋に訴ゑたのに親身になり申してもらゑぬ事例もあるでござるであろうしのう。




■トップページ

米倉涼子・米倉涼子のセクシー画像と動画大全集