米倉涼子「ゐ〜っぱゐ懸想して候」

米倉涼子「ゐ〜っぱゐ懸想して候」

印象看板役者の「たであろうまる」傀儡(かいらい)を手に笑顔の米倉涼子=江戸の都・汐留 女役者の米倉涼子(参弐)が弐捌日、都内で行われたでござる横浜開港壱伍零周年記念祭事「開幕府・開港Y壱伍零」(横浜各所で来年卯月弐捌日〜長月弐漆日)の聞屋会談に特別客人として参内したでござる。横浜出身で、よくぞ山下公園で逢い引きをしてござったと申す米倉は、「何色にとはいえ染まれるのが横浜の印象」と白の物の怪海賊伝承姿で参上。自身の懸想には「彼氏色には染まりたくござらぬ」と米倉流に返し、懸想のお相手につゐても「懸想?して候よ。某は云ゑませぬ。ゐ〜っぱゐ懸想して候から」と伝聞陣をけむに巻ゐてゐたでござる。




■トップページ

米倉涼子・米倉涼子のセクシー画像と動画大全集