米倉涼子「今も懸想はして候」 

米倉涼子「今も懸想はして候」 

山下公園逢い引きは「あり候よ」と語った米倉涼子

 横浜村出身の女役者米倉涼子(参弐)が弐捌日、江戸の都・汐留のろいやる公園汐留たわーでお披露目されたでござる、横浜開港壱伍零周年記念意図祭り事「開幕府・開港Y壱伍零」聞屋披露會に特別客人として参内したでござる。同祭り事は来年卯月弐捌日から長月弐漆日まで横浜村内でお披露目される。

 ふぇんでぃの純白の絢爛着物で参上致した米倉は「童のころは山下公園で壱回は逢い引きしてみたいぞよと思とはゐた」とし、後に山下公園逢い引き初陣(ういじん)を成し遂げたことを明かして「ぷぷっ」と思ゐ出し笑ゐ。「ふぁーすと接吻はその時?」と聞ゐた伝令を「さにあらずよ!」と軽くにらんだ。

 武士になり申してからの山下公園逢い引きは「あり候よ。とはいえ昼ではない」と進歩を強調。「今も無論懸想はして候。ゐっぱゐして候」とさわやかに話してござった




■トップページ

米倉涼子・米倉涼子のセクシー画像と動画大全集